働き方を自分で決める|新しい職業を見つけよう|貿易事務の求人が大人気

新しい職業を見つけよう|貿易事務の求人が大人気

複数の人

働き方を自分で決める

案内する女性

事前に確認しておこう

非正規社員よりも正社員の方が給与面や待遇面で優遇されていますので、長く働き続けることを望んでいる場合は、正社員としての就職を目指すのがベストです。しかし、正社員になると、様々な面で会社からの拘束を受けることになります。同じ部署でずっと働き続けたいと望んでいても、異動の命令が下りればそれに従うしかありません。また、学びたいことや挑戦したいことがあっても、長期休暇や時短の申請が簡単に通ることはまずありません。自分が望む働き方で働きたいと考えている人は、正社員ではなく派遣スタッフになった方がよいです。派遣スタッフとして働くためには、まず人材派遣会社に登録する必要があります。ただし、一口に人材派遣会社といっても、会社の質には大きな差がありますので、注意する必要があります。安心して働きたいと望んでいるのなら、少なくとも労働者派遣法に基づく許可や届出をきちんと行っている事業者であるかどうかを事前に確認しておく必要があります。

どのようなシステムなのか

先程少し触れましたが、派遣スタッフとして働く場合は、まず人材派遣会社との間で雇用契約を結ぶことになります。その一方で、人材派遣会社は派遣先企業との間で労働者派遣契約を締結します。派遣スタッフは、自分の希望やスキルに合った派遣先企業を人材派遣会社から紹介してもらい、その企業で就業することになります。ただし、派遣先企業と直接的な契約関係に立つわけではないため、給料の支払いや有給休暇の付与は人材派遣会社の方から受けます。また、社会保険や雇用保険への加入手続きも人材派遣会社の方がしてくれます。つまり、派遣先企業に対しては、純粋に自分のスキルを提供するだけのビジネスライクな関係に立つことになるのです。ただし、一般派遣ではなく紹介予定派遣という形態で勤務する場合は、派遣期間終了後に派遣先企業の正社員になれる可能性が残されています。